当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)はふんわり柔らか食感!

冷蔵(チルド)肉

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は豚肉と牛肉の旨味に玉ねぎの甘味をプラスしたふんわりと柔らかい食感のハンバーグです。ブラウンルーやトマトペースト、玉ねぎを煮込んだ特製ソースがご飯やお弁当にぴったり!今回は煮込みハンバーグの基本情報や美味しい食べ方を紹介します。

見たいところから見てくださいね

最初から見る

商品の価格から見る

商品のカロリーから見る

味見のとこから見る

アレンジレシピから見る

保存の仕方を見る

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は

業務スーパーで人気の高い肉総菜。ハンバーグも多数販売されていますよね。冷凍ハンバーグが多い印象ですが、今回ご紹介するのはパウチタイプの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)です。

業務スーパーの煮込みハンバーグのパッケージ正面

業務スーパーで人気の高い、やわらか煮豚やピリピリチキンと同じような細長いパッケージ。このサイズのパッケージは冷蔵庫でも邪魔になりにくくありがたいですよね。

裏側は透明パッケージなので、購入前に中身も確認できますよ!

業務スーパーの煮込みハンバーグのパッケージ裏側

煮込みハンバーグを開封!

こちらの煮込みハンバーグは袋のまま湯せんかレンジでの加熱調理が可能です。今回は加熱前の状態も確認したかったため、レンジで調理を行いました。

では、いざ開封!

業務スーパーの煮込みハンバーグの切り取り線

下の方に切り取り線があるので、ここからカットしましょう。

業務スーパーの煮込みハンバーグをパッケージから出してみた

冷蔵庫に入れていたためソースはある程度固まっていましたが、するんと取り出せました。冷めた状態でもデミグラスソースの良い香りがします。

業務スーパーの煮込みハンバーグの中身5個

しっかりした形のハンバーグです。

業務スーパーの煮込みハンバーグの表面

1個あたりの直径は6.5cmほど。重さは74gでした。

業務スーパーの煮込みハンバーグ1個の重さは74グラム

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)基本情報

煮込みハンバーグを加熱して食べる前に、まずは基本的な情報をチェックしていきたいと思います。基本情報はパッケージに記載されています。順番にチェックしてみましょう。

内容量と値段

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は5個入り、298円(税抜)です。全体の重さは記載されていないのですが、量ってみたところ485g(パッケージ込み)でした。

業務スーパーの煮込みハンバーグパッケージごとの重さは485グラム

原材料・原産国

業務スーパーで売られている、煮込みハンバーグ(デミグラスソース)の原材料は以下の通りです。

  • ハンバーグ(豚肉、牛肉、たまねぎ、パン粉、その他)
  • オニオンソテー
  • 醸造調味料
  • トマトペースト
  • 牛肉だし
  • 砂糖
  • ブラウンルウ
  • でん粉
  • 食肉風味調味料
  • フォン・ド・ヴォー粉末
  • 香辛料
  • 調味料(アミノ酸等)
  • 着色料(カラメル、ココア)
  • 増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)
  • 甘味料(ソルビトール、甘草、ステビア)
  • 香辛料抽出物
  • 香料

※一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・大豆・豚肉・りんご・ゼラチンを含む

業務スーパーの煮込みハンバーグの材料名

生産は宮城県にある宮城製粉さんです。業務スーパー好きにはお馴染みのメーカーさんですね♪

業務スーパーの煮込みハンバーグのパッケージの宮城製粉マーク

国内製造なので安心感があります。

カロリー・栄養成分

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)、100gあたりのカロリーや栄養成分は以下の通りです。

エネルギー169カロリー
たんぱく質12.9g
脂質8.9g
炭水化物9.3g
食塩相当量0.5g

業務スーパーの煮込みハンバーグの栄養成分表示

1個あたりの重さは75g程度でしたので、ソースと合わせて1人前100g程度と考えたら良さそうですね。

賞味期限・保存方法

今回購入した煮込みハンバーグ(デミグラスソース)の賞味期限は、11月24日まででした。購入したのが2020年10月ですので、2ヵ月程度の賞味期限があります。

ストックしておくと、お弁当のおかずや夕食の1品に困った時に役立ってくれそうですね。

業務スーパーの煮込みハンバーグの賞味期限

0~10度の冷蔵庫で保存し、開封後はなるべく早め、遅くとも数日以内に食べきるようにしましょう。

煮込みハンバーグ(デミグラスソース)の美味しい食べ方

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は、湯せん調理とレンジ調理が可能です。

業務スーパーの煮込みハンバーグのパッケージに記載されている調理方法

湯せんの場合は、熱湯の中に入れて5分ほど温めます。長細いパッケージなので、大きめのフライパンなどを使うのがおすすめです。

レンジ調理の場合は、ハンバーグを深めの耐熱容器に移し、ラップをかけて500Wで3分加熱します。今回はレンジで調理をしました。

業務スーパーの煮込みハンバーグを食べてみた!

レンジでハンバーグを加熱すると、やや加熱ムラがあるように感じました。また、3分ではちょっと短かったので、お使いのレンジに合わせて加減してみてくださいね。

ご飯やサラダなどと盛り付ければ出来上がり!

あっという間にでき上るのが総菜商品の良い所ですよね。忙しい時やランチなんかにも便利です。

業務スーパーの煮込みハンバーグをレンジ調理してお皿に盛り付けた

ハンバーグは加熱前は固そうでしたが、加熱後はふっくらした印象。

加熱後の業務スーパーの煮込みハンバーグ

切ってみるとこのような感じです。

加熱後の業務スーパーの煮込みハンバーグの断面

残念ながら溢れ出る肉汁!などはなく・・・。総菜です!という感じのビジュアルですね。

加熱後の業務スーパーの煮込みハンバーグの断面アップ

では。「いただきまーす」

あ、ふんわり柔らかくて食べやすい!口当たりが良く、お子さんでも食べやすいハンバーグですね。

ハンバーグ自体はチープな印象があるのですが、それをワンランクアップさせてくれているのが、デミグラスソース!デミグラスソースが美味し~い!

宮城製粉さんと言えば、1kgサイズの業務用デミグラスソースなども販売していますもんね。私はあのデミグラスソースが好きなのですが、これも同じものなのかな・・・?

(と、思って業務用デミグラスソースの原材料をチェックしてみましたが、似ているけれどちょっと違いました)

んー。

これはきっと、パンにも合うはず!

パンと合わせた業務スーパーの煮込みハンバーグ

うん!パンとも合います!パンだとワインも欲しくなっちゃいますね~。

ソースをがっつりつけて食べるのがおすすめです。

野菜と盛り付けられた業務スーパーの煮込みハンバーグ

煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は動画でもご覧いただけます。

業務スーパーの煮込みハンバーグはレンジ調理でおいしくて!アレンジも簡単

ランチにおすすめ!煮込みハンバーグドリア

このまま食べても美味しい煮込みハンバーグ(デミグラスソース)ですが、ドリアにしても美味しくいただけます!

玉ねぎとバターをレンジで加熱します。

耐熱容器でみじん切りの玉ねぎとバターを温める

ご飯と混ぜて簡単バターライスを作ったら耐熱容器に入れ、真ん中にハンバーグを置きます。

バターライスの上にハンバーグを乗せる

ソースをかけてチーズを乗せます。

ハンバーグの上にホワイトソースとチーズをかける

今回はホワイトソースを使用していますが、トマトソースやミートソースなどお好みのソースで作ってみてください。

トースターやオーブンで焼けば出来上がり!

業務スーパーの煮込みハンバーグで作ったハンバーグドリア

この薄っすらと透けているハンバーグが良いですよね~

溶けたチーズで透けて見える煮込みハンバーグ

では「いただきます!」

煮込みハンバーグドリアをスプーンですくったみた

とろりとしたチーズと、ふんわりしたハンバーグ。そしてデミグラスソースとホワイトソースの組み合わせが合う!

ホワイトソースとチーズと絡み合う煮込みハンバーグ

バターライスにせず白いご飯のままでもOKなので、ランチなどに気軽に作れそうですね。

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は忙しい時に便利な一品!

業務スーパーの煮込みハンバーグ(デミグラスソース)は豚肉と牛肉に、玉ねぎの甘味をプラスした加工商品です。温めるだけで食べられますので、忙しい時やお弁当の1品にもぴったり。ふんwなりとしたハンバーグとデミグラスソースの組み合わせが万人受けするお味です。購入したことがない方はぜひ一度手に取ってみてくださいね。

業務スーパー大好き主婦をフォローする
業務スーパーおすすめNAVIブログ
タイトルとURLをコピーしました