当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)はチップス状で食べやすい甘酸っぱいおやつ♪

業務スーパーのさんざしスライスお菓子

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)は、さんざしの果実を練ってチップス状にした中国では有名なお菓子です。さんざしの香りや甘酸っぱい風味、ほろりと崩れる食感がとても美味しいんですよ♪
今回は、そんな業務スーパーのさんざしスライス(山査方)をご紹介します。

見たいところから見てくださいね

最初から見る

さんざしスライスの価格から見る

さんざしスライスのカロリーから見る

味見のとこから見る

アレンジレシピから見る

保存の仕方を見る

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)は食感が不思議な病みつきになるお菓子♪

業務スーパーで売られているさんざしスライス(山査方)はご存知でしょうか。さんざしというものが日本では馴染みが浅いので、何か知らない人も多いかもしれません。業務スーパーのさんざしスライス(山査方)は、ペースト状にしたさんざしという果物をチップス状に加工したお菓子です。良い香りがするうえに甘酸っぱく、口の中で崩れるような食感でとても美味しいんですよ♪

今回は、そんな業務スーパーのさんざしスライス(山査方)をご紹介します。

業務スーパーの「さんざしスライス(山査方)」

業務スーパーでは、さんざしスライス(山査方)だけでなく、同じさんざしを原料にして棒状に加工したさんざし丸巻(果丹皮)という商品も売られています。

今回は、そんな業務スーパーのさんざしスライス(山査方)を購入してみました。

業務スーパーのさんざしスライス

容量は120g・価格は税抜178円

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)の容量は2袋・120gで、価格は税抜178円です。通販で売られているさんざしスライスは、110gの容量で税込150円なので、わずかな差ですが通販のほうが安く買えるかもしれません。

ちなみに、業務スーパーのさんざし丸巻(果丹皮)は、容量も値段もさんざしスライスと同じです。どちらも200円弱で買えるので、運よくお店で2種類買えたら、2つ買って食べ比べてみるのがおすすめです。

業務スーパーのさんざしスライスの内容量2袋で120g表記

原材料・原産国

原材料はさんざし、ぶどう糖、砂糖のみです。添加物や保存料が使われていないのは、嬉しいポイントですね。

原産国は中国、輸入者は業務スーパーを運営する株式会社神戸物産です。

業務スーパーのさんざしスライスの原材料と原産国名

カロリー・その他の栄養成分

カロリーは100gあたり358kcalなので、一袋120gだと428kcalほどとなります。

その他の栄養成分は、このような感じです。

エネルギー358kcal
たんぱく質0.4g
脂質0.3g
炭水化物88.4g
食塩相当量0.03g

業務スーパーのさんざしスライスの栄養成分表示

賞味期限

賞味期限は、2023年5月です。購入日は2022年8月なので、およそ9か月ほど保存することができます。

業務スーパーのさんざしスライスの賞味期限表記

食べてみた感想は?

パッケージを開けると、透明なビニール2袋に、縦に並んだ状態でさんざしスライスが入っていました。

さんざしをパッケージからだしたら小袋2つに分けられて入っていた

袋を開けて出してみると、薄いピンク色のチップス状のお菓子が出てきました。見た目は薄焼きのクッキーのようです。

さんざしを袋から皿に出して並べてみた

皿に並べられたさんざしスライス

業務スーパーのさんざしスライスの表面アップ

食べてみると、見た目と食感や味とのギャップに驚かされました!

さんざしスライスの断面アップ

サクサクとした歯触りなのかと思いきや、実際はとてもしっとりとしていて、口の中でほろほろと崩れていきます。お味は甘味と酸味がしっかりしていて、さんざしの上品な香りも感じられました。甘味が強いので、1枚でも満足感がありますよ♪

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)を使ったアレンジレシピ

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)はそのままでも十分美味しく食べられますが、一手間加えてアレンジするのもおすすめですよ。

今回は、業務スーパーのさんざしスライスを使って、蒸しパンとチョコサンドクッキー風を作ってみました。さんざしスライスをそのまま食べるのに飽きてしまった人は、ぜひアレンジレシピを試してみてくださいね。

さんざし入り蒸しパン

業務スーパーのさんざしスライスで作ったさんざし入り蒸しパン

始めにご紹介するのは、さんざしスライスを使った蒸しパンのレシピです。

材料

  • 薄力粉…70g
  • ベーキングパウダー…小さじ1
  • 砂糖…20g
  • 卵…1個
  • ヨーグルト…50g
  • サラダ油…小さじ2
  • さんざしスライス(山査方)…20g

作り方

①ボウルに薄力粉とベーキングパウダー、砂糖を入れて、泡立て器でよく混ぜておきます。

ボウルで薄力粉とベーキングパウダーと砂糖を良く混ぜる

②さんざしスライスは丈夫な袋に入れて、手で揉んで細かくします。

さんざしスライスを袋に入れて細かく砕いておく

③ボウルに卵、ヨーグルト、サラダ油を入れてさっくり混ぜ、続いてさんざしスライスも加えて混ぜます。

ボウルにヨーグルトとサラダ油と卵を入れてサックリ混ぜる

混ざったら砕いたさんざしスライスも入れて混ぜる

④マフィン型やココットにアルミカップを敷いて、生地を8分目あたりまで流し入れます。

型にアルミカップをしいて生地を8分目ぐらいまで入れる

⑤フライパンに型を入れ、水を2cmくらいの高さまで注ぎます。

型を水を張ったフライパンに入れる

⑥強火で沸騰させた後弱火にして、布巾を巻き付けた蓋をして、10分くらい加熱して、完成です♪

ふきんを巻いた蓋をして加熱する

蒸し上がったら楊枝を指して、生っぽい生地がついてこないか確認してくださいね。

完成した業務スーパーのさんざしスライスで作ったさんざし入り蒸しパン

さんざし入り蒸しパンの表面アップ

食べてみると、ふんわりもっちりの蒸しパンに、さんざしスライスの甘酸っぱさがアクセントとなり、とても美味しいです♪

さんざし入り蒸しパンの断面アップ

フォークでさんざし入り蒸しパンを救ってみた

蒸しパンの生地に混ぜて焼くと、すこしとろっとしたドライフルーツのようになりました。少し甘さ控えめの分量なので、甘党さんは砂糖の量を増やして作ってみてくださいね。

さんざしスライス(山査方)のホワイトチョコサンド

業務スーパーのさんざしスライスで作ったホワイトチョコサンド

お次にご紹介するのは、さんざしスライス(山査方)をホワイトチョコでサンドしたお菓子のレシピです。

材料

  • さんざしスライス…16枚
  • ホワイトチョコ…10かけ
  • 白いりごま…適量

作り方

①耐熱容器にホワイトチョコを割り入れ、500wのレンジで1分加熱してスプーンでよく混ぜ、しっかり溶かしておきます。

耐熱容器にホワイトチョコを入れる

ホワイトチョコを電子レンジで加熱して溶かしておく

②さんざしスライス8枚に、ホワイトチョコを乗せます。

さんざしスライスに溶かしたチョコを塗る

③ホワイトチョコが熱いうちに、もう片方のさんざしスライスを上にかぶせて密着させます。

さんざしスライスを重ねてチョコを挟み込む

④残りのホワイトチョコを上から半分かけて、さらに白いりごまを散らし、チョコが固まるまで冷蔵庫に入れて、完成です♪

ホワイトチョコをさんざし半分にだけかける

かけたチョコの部分に白ごまをかける

あっという間に、おしゃれなお菓子が完成しました。

完成した業務スーパーのさんざしスライスで作ったホワイトチョコサンド

食べてみると、さんざしスライスの甘酸っぱさにミルキーなホワイトチョコがよく合います♪

さんざしホワイトチョコサンドの断面

さんざしホワイトチョコサンドの断面アップ

香ばしい白いりごまも風味や食感のアクセントになっていました。ミルクチョコやダークチョコなどに代えて作るのもおすすめですよ♪

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)はつまみやすくて美味しいので、食べすぎ注意!

業務スーパーのさんざしスライス(山査方)は、さんざしの甘酸っぱさがしっかり感じられる美味しいお菓子です。クッキーとは違う、ほろりと崩れるような食感も楽しめますよ。

そのまま食べるのに飽きてしまったら、今回紹介したアレンジレシピもお試しください。

この機会に、業務スーパーのさんざしスライス(山査方)をチェックしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました