当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーのうずら卵串フライは食べ応え抜群でコスパ抜群

冷凍加工

業務スーパーのうずら卵串フライは、7本入りで安く買える高コスパ品です。大きくて食べ応えがあり、朝ご飯やお弁当のおかずにも重宝しますよ♪記事の後半では、揚げずに調理する方法やアレンジレシピも紹介します。

見たいところから見てくださいね

最初から見る

うずら卵串フライの価格から見る

うずら卵串フライのカロリーから見る

味見のとこから見る

アレンジレシピから見る

保存の仕方を見る

業務スーパーのうずら卵串フライは揚げるだけですぐに食べられる♪

小さくて可愛らしいうずらの卵は、ビタミンBや鉄分、ミネラルが豊富に含まれている栄養価の高い食材です。醤油漬けにしたり、八宝菜などの具として使っても美味しいですよね。

業務スーパーでは、うずらの卵が串フライになった商品があるのをご存知でしょうか。業務スーパーのうずら卵串フライは、衣付まで済んでいる冷凍品です。食べる時には、揚げるだけでOK。簡単に調理できるのも嬉しいポイントです♪

今回は、そんな業務スーパーのうずら卵串フライをご紹介します。

業務スーパーの「うずら卵串フライ」

業務スーパーで販売されているうずら卵の商品には、うずら卵串フライのほか、缶詰タイプの「うずら卵水煮」などがあります。

今回は、うずら卵串フライを購入しました。

業務スーパーのうずら卵串フライ

容量は7本(315g)・価格は税抜310円

業務スーパーのうずら串フライは、7本(315g)の容量でお値段は税抜310円です。インターネットで販売されているうずら串フライは、10本(450g)の容量で500円ほどが相場です。比較すると、業務スーパーのうずら串フライのほうがお買い得ですね♪

業務スーパーのうずら卵串フライのパッケージに記載されてる内容本数7本入り表記

ちなみに、業務スーパーで販売されている「うずら卵水煮」は、固形量430gでお値段は400円ほどです。こちらは、うずらの卵が50個も入っている高コスパ品です。こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

原材料・原産国

業務スーパーのうずら卵串フライは、うずら卵のほか、砂糖、衣、ソルビトールなどが使われています。原産国は中国、輸入者は業務スーパーを運営する株式会社神戸物産です。

業務スーパーのうずら卵串フライのパッケージ裏に記載さえれてる原産国名と原材料

カロリー・その他の栄養成分

100gあたりのカロリーは174kcalです。一本あたりの重さは約45gなので、1本当たりのカロリーは約80kcalということになりますね。

その他の栄養成分は、以下の通りです。

エネルギー174kcal
たんぱく質9.5g
脂質6.6g
炭水化物19.1g
食塩相当量0.9g

業務スーパーのうずら卵串フライの栄養成分表示

賞味期限

賞味期限は、2021年10月です。購入日は2020年6月ですから、未開封の状態でおよそ1年4か月ほど保存が可能です。

業務スーパーのうずら卵串フライの賞味期限表示

業務スーパーのうずら串フライの基本レシピ

業務スーパーのうずら串フライを出してみると、真っ白い衣をまとったうずら串が7本入っていました。衣が分厚くついているので、一本がとても大きく感じます。

業務スーパーのうずら卵串フライをパッケージ袋から出した状態

業務スーパーのうずら卵串フライをパッケージから出して横から見た状態

パッケージによると、たっぷりの油で3分揚げるか、フライパンで揚げ焼きにする方法の2通りがあるそうです。

業務スーパーのうずら卵串フライのパッケージに記載されてる召し上がり方

今回は、カロリーを控えめに調理したかったので、うずら串フライにハケで油を塗り、魚焼きグリルで中火で10分ほど加熱してみました。

うずら卵串フライに油を刷毛で塗ってアミルホイルをしいて魚焼きグリルで焼いてるところ

そのまま食べてみた感想は?

できあがったうずら卵串フライが、こちらです。こんがりと美味しそうに焼けましたが、串が折れてしまいました。

ちょっと焦げてる業務スーパーのうずら卵串フライ

食べてみると、表面はサクサク、中のうずらの卵はほくほくとしていて、とても美味しいです♪

業務スーパーのうずら卵串フライをグリルで焼いた直後の断面

うずら卵に味がついているので、ソースや醤油などをつけなくても美味しく食べられます。

業務スーパーのうずら卵串フライを使ったアレンジレシピ

業務スーパーのうずら卵串フライは、何もつけなくても美味しいのですが、アレンジしても美味しいんですよ♪

ここからは、業務スーパーのうずら卵串フライを使ったアレンジレシピを紹介します。今回作ったものは、中華風あんかけをかけたうずら卵串フライと、ピカタの2品です。うずら卵串フライのちょっと変わった食べ方に挑戦したい人は、是非お試しくださいね。

うずら卵串フライの中華風あんかけ

うずら卵串フライの中華風あんかけ

初めにご紹介するのは、うずら卵串フライに野菜たっぷりのあんかけをかけたレシピです。

材料

  • うずら卵串フライ…3本
  • にんじん…1/3本
  • 舞茸…1/3パック
  • オクラ…3本
  • 乾燥きくらげ…大さじ2
  • ★調味料
    • 水…200ml
    • 鶏がらスープの素、オイスターソース…各小さじ1
    • 片栗粉…小さじ2

作り方

①きくらげを水に漬けて戻しておきます。にんじんは細切りに、オクラは小口切りにカットして、まいたけはほぐしておきます。

カットした人参とオクラと舞茸

②フライパンに多めの油を熱して、凍ったままのうずら卵串フライを全面焼き、お皿に出しておきます。

多めの油を入れたフライパンでうずら卵串フライを焼き揚げる

③油を足して、にんじんと水気を切ったきくらげとまいたけを炒め、さらにオクラを入れてさっと炒めます。

人参とキクラギとオクラと舞茸をフライパンで炒める

④そこへ水と調味料を入れて、具材が柔らかくなるまで煮込みます。

フライパンに水を調味料を入れて柔らかくなるまで煮る

⑤一度火を止めて、片栗粉と水を溶いてフライパンに入れて弱火にかけ、木べらで混ぜながらとろみをつけます。

水溶き片栗粉を入れてとろみをつける

⑥焼いたうずら卵串フライに⑤をかけて、完成です♪

完成したうずら卵串フライの中華風あんかけ

うずら卵串フライの中華風あんかけを横から見たところ

野菜をたっぷり使ってボリュームがアップし、彩も良い一品に仕上がりました。

うずらの卵フライの断面

食べてみると、あんがうずら卵串フライによくからんで、とても美味しいです♪野菜はしめじやネギなどでも代用できるので、冷蔵庫に余った野菜を使って試してみてくださいね。

うずら卵串フライのピカタ

うずら卵串フライのピカタ

お次にご紹介するのは、うずら卵串フライに卵液を付けて焼いたピカタのレシピです。

材料

  • うずら卵串フライ…3本
  • 卵…1個
  • ★調味料
    • 粉チーズ、マヨネーズ…各大さじ1

作り方

①電子レンジの弱モードなどで、うずら卵串フライを解凍しておきます。

②深めのお皿に、卵と粉チーズ、マヨネーズを入れてよく混ぜておきます。

卵に粉チーズとマヨネーズを入れて良く混ぜる

③うずら卵串フライに②の卵液を絡ませます。

うずら卵串に卵液をつける

④オリーブオイルを熱したフライパンに③を並べ、転がしながら全面焼いたら完成です♪

オリーブオイルを入れたフライパンで焼く

反対側もひっくり返して焼く

完成したうずら卵串フライのピカタ

うずら卵串フライピカタの断面

うずら卵串フライピカタの断面アップ

仕上げにケチャップとパセリをトッピングしました。

食べてみると、卵液を吸ったパン粉がふわっと柔らかくなり、アメリカンドックのような味になりました♪子どもウケも良さそうな一品です。卵液に漬けて焼くだけなので、忙しい朝にもすぐに作れますよ。

業務スーパーのうずら卵串フライはお弁当やあと一品に便利!

業務スーパーのうずら卵串フライは、凍ったまま揚げるだけで作れるので、忙しい日にも重宝します。そのまま食べても美味しいので、お弁当のおかずにもぴったりです。

野菜のあんかけをかけたり卵を付けて焼くと、ボリュームアップして食べ応えのある副菜になりますよ。

この機会に、業務スーパーのうずら卵串フライをチェックしてみてはいかがでしょうか。

業務スーパー大好き主婦をフォローする
業務スーパーおすすめNAVIブログ
タイトルとURLをコピーしました