当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格など掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーのベーグルのカロリーは?色んな味を楽しめる食べ方

業務スーパーのベーグルのカロリーは?色んな味を楽しめる食べ方 商品・レシピ

業務スーパーのベーグルは、外はサクッと中はカリッと、専門店に負けない本格的なお味でありながら、1個当たり60円という最強コスパ!しかも冷凍なので、食べたい時にいつでも美味しいベーグルが楽しめます。

業務スーパーのベーグルは朝食用パンを焼き忘れた時に便利!

我が家では、ほぼ一日おきに朝食用のパンをホームベーカリーで焼いています。

でも夜になって、しまった!焼くの忘れた!と突然思い出すことがたびたびありまして……そんな時のために、冷凍品のパンを必ずストックしています。

先日、業務スーパーの冷凍品のコーナーでプレーンベーグルを見つけて買ってきたので、食べた感想やアレンジメニューなど紹介します。

業務スーパーに売っているベーグルの産地・値段・解凍法

食べた感想などを紹介する前に、まずは業務スーパーに売っている冷凍ベーグルの産地と値段、解凍法を見ていきましょう。

業務スーパーのベーグルの産地はアメリカ

ベーグルって、私が子どもの頃には見たことも聞いたこともないパンでした。

もともとは東欧系のユダヤ人の食べ物だったそうですが、ブームの火付け役はアメリカです。

そして、今回買った業務スーパーのプレーンベーグルも、何を隠そうアメリカ産。

見て下さい!この自由の女神のイラストが描かれた外観を!!

業務スーパーのベーグル

いかにもアメリカの映画に出てくるスーパーなどに売っていそうなアメリカンなデザイン。

その名も、American Bagles とあります。

業務スーパーのベーグルは1個あたり60円!

 この業務スーパーのベーグルは、6個入り。

業務スーパーのベーグルのパッケージ

値段は1袋368円でして、ということは1個60円!!

や、安すぎる……ヘタしたら専門店の1個で3~4個分くらいじゃないですか?

さすがは業務スーパー!恐るべき、いや、有難き破格であります。

ベーグルを食べる時はオーブントースターで焼くだけ!

今回業務スーパーでゲットしたのは、冷凍のパン。

業務スーパーベーグルのパッケージにある調理方法マーク

解凍の手間とかあるのかなーと思っていたら、なんとオーブントースターで焼くだけの簡単調理!

これなら忙しい朝も時短できますね♪

業務スーパーベーグルのパッケージに書かれたもっちり食感の文字

そして、やっぱりベーグルといえば、もっちり食感は外せませんよね。

業務スーパーベーグルのパッケージにある要冷凍の表記

保存はもちろん冷凍庫で。

業務スーパーのベーグルの気になる原材料とカロリーは?

業務スーパーベーグルのパッケージ裏面

次は、業務スーパーの冷凍ベーグルのパッケージ裏面を見てみましょう。

日頃からよく食べるものですから、原材料に何を使っているかや、どれくらいのカロリーがあるかなどは気になるところですね。

ベーグルの原材料にはバターや卵などが含まれていない

業務スーパーベーグルのパッケージ裏面にある原材料名表記

ベーグルの原材料に注目して頂きたいのですが、バターなどの油脂類や卵、ミルクなどが入っていません。

これは業務スーパーに売られているベーグルに限ったことではなく、もともとベーグルは、粉と水などのシンプルな材料で作られるパンのため、他のパンよりも低脂肪なのです。

業務スーパーのベーグルと食パン100g当たりの栄養成分を比較してみた

業務スーパーのプレーンベーグルのカロリーを含めた栄養価は、次の通りです。食バンの栄養価と見比べてみましょう。

 ベーグル(プレーン)食パン
エネルギー271kcal264kcal
タンパク質10.6g5.58g
脂質1.2g2.64g

カロリーはほとんど変わらないのに、ベーグルの脂質は食パンの約半分、それでいてタンパク質は食パンの約2倍含まれています。

また、ベーグルのモチモチ食感は軽い食感のパンに比べて噛む回数が増えるため、満腹感が得られやすいので食べ過ぎ防止にもなります。

味変もできる!業務スーパーのベーグルの食べ方

業務スーパーベーグルのパッケージにあるお召し上がり方

業務スーパーのベーグルのパッケージ裏面には、食べ方が記載されています。

  1. 余熱したオーブントースター(1300w)で、凍ったままの本品を薄いきつね色になるまで約2分半焼きます。
  2. そのまま庫内に置き、余熱で約4分温めると出来上がりです。

冷凍なのに、これだけ?

普通にトーストを焼くぐらいの時間で解凍も焼きもOKなんて、ほんと便利!

業務スーパーベーグルのパッケージにある食べ方のアレンジ法

小麦本来の素朴な甘さを噛めば噛むほど味わえるプレーンベーグルです。

  • クリームチーズやバターをつけて!
  • ハム、スモークサーモンなどの具材を挟んでベーグルサンドに!
  • 横半分に切り、ピザソース、チーズなどをのせてベーグルピザに!

シンプルな材料で作られたクセのない味だから、食べ方も思いのまま。

業務スーパーのベーグルを使ったメニュー

ここからはベーグル本来の美味しさを味わえるシンプルなものから、アレンジしたものまで、業務スーパーのベーグルを使ったメニューをいくつか紹介します。

モチモチ感を存分に味わえるシンプルな焼きベーグル

まずは、シンプルにベーグルのみを味わいます。

オーブントースターを普段トーストを焼くときと同じ250℃に設定し、袋に記載されていたように2分半焼き、そのまま余熱で4分温めた状態がこちら。

オーブントースターで焼いた業務スーパーのベーグル

思ったより焼き色がついてないのですけどね……

焼いた業務スーパーのベーグル断面

割ってみました。

そうそう!ベーグルって、この生地がみっしりした感じがたまりませんよね!

もう見ただけで、モチモチ食感が想像できます。

食べてみたら、確かにモチモチなんですけど、まだ若干冷たい部分があったので、次はオーブントースターの温度調節に気をつけようと思います。

この時は、3分追加で焼いてみたら完全に解凍でき、内側のモチモチに外側のカリカリが加わって美味しいベーグルになりました。

ボリューム満点!業務スーパーのベーグルで作るカツサンド

ベーグルってモチモチしてて、クセがなくて、飽きがこなくて、ちょっと白いご飯に似ていませんか?

なので、白いご飯に合うおかずを挟んだら美味しそう!と思い立ち、トンカツを挟んでみました。

こんがり焼けた業務スーパーのベーグル

まずは香ばしく焼けた業務スーパーのプレーンベーグルを用意。

今回は220℃で5分焼いた後で、4分温めたら完璧でした。

焼く時間や温度はご家庭にあるオーブントースターでそれぞれ違うと思いますので、あくまでもご参考までに。

業務スーパーのベーグル断面とカツ

何ともきれいじゃない画像で面目ありませんが……

ベーグルの断面も、カツも、きれいじゃないー(泣)

業務スーパーのベーグル断面とソースをかけたカツ

ソースをかければ隠せるかと思ったけど、そんなに変わらず(泣)

業務スーパーのベーグルで作ったカツサンドを上から見たところ

結局こうするしかない(笑)

業務スーパーのベーグルで作ったカツサンド

でもね、見た目は悪いけど味は最高だったのです!

ガブッといきました。

ベーグルにクセがないので、こういう味の濃いおかずがより美味しく感じられます。

焼肉とか、肉じゃがとか、肉野菜炒めとかを挟んでもいいかも!

あとはカツはカツでも、ハムカツも良いですね☆

業務スーパーのハムカツはちょっと厚め!リッチなサンドイッチにも最適
業務スーパーのハムカツのアレンジレシピや値段、カロリーなどの情報。ちょっと厚めのハムカツは鶏肉を使用しており産地は北海道というこだわりの逸品。調理法も凍ったまま油で揚げるだけと簡単ですので時間をかけず手軽にごはんの支度ができます。

食べ盛りのお子さんにもおすすめ!

お洒落で簡単♪業務スーパーのベーグルで作るブランチプレート

日曜日のブランチは、業務スーパーのベーグルを味わうためのプレートにしました。

業務スーパーのベーグルを使ったプレート

ブランチプレートのメニューは、次の通り。

  • 業務スーパーのプレーンベーグル
  • 絹さやとウインナーのソテー
  • ゆで卵
  • ミニトマト
  • レタス

コーヒーカップと業務スーパーのベーグルを使ったプレート

野菜たっぷり!

美味しいコーヒーを淹れて……☆

ベーグルの断面

はい、またベーグルの断面です。

みしみしみしっと割ってみました。

何度見てもこの断面は良い!

パワーが漲っている感じが好きです。

食べたら絶対元気になりそう!

手でちぎった業務スーパーのベーグル

まずは、何もつけずに一口いただきまーす。

うん!この小麦を食べているような、優しい甘さが好きですね。

そして、ほのかに酸味もあって、それがいいアクセントになっています。

ちぎったベーグルにウインナーと絹さやを挟んだところ

ベーグルはもったいないのでチビチビ割って、ウインナーと絹さやを挟んでパクリ。

あー美味しい!!

ちぎったベーグルに挟んだ絹さやとウインナー

追い絹さや、追いウインナーしながらベーグルを味わいました。

プレーンベーグルは、濃い味付けにほんとによく合います。

絹さやがはみ出してしまいました(笑)

ちぎったベーグルに挟んだトマト・茹で卵・レタス

お次は卵とトマトを挟んで、卵にマヨネーズをたらり。

あ、マヨネーズは業務スーパーのシェフマヨネーズで、マイルドな酸味がお気に入りです。

不思議なことに、酸味のあるマヨネーズ(マイルドといっても酸味はありますので)と一緒に食べると、ベーグルの酸味は緩和されて、小麦の甘みだけが残るような気がします。

これはこれでまた違った味わいで美味しいです。

ミニトマトとベーグルの欠片に挟んだ絹さや・ウインナー

最後の一片まで、意地汚くウインナーと絹さやを押し込んで(笑)

業務スーパーのベーグル1個で、何パターンもの美味しさを味わい、充分に堪能できました。

業務スーパーのベーグルと冷蔵庫の残り物で作るお手軽ランチプレート

すでに紹介したブランチプレートとさしたる違いはないのですが……

今度はランチプレートを作ってみました!

やっぱり業務スーパーのベーグルは、おかずをちょこちょこ盛り付けて、それらを挟みながら食べたり、あるいはそのまま食べたり、そういう気ままなスタイルで頂くと、いろんな味を楽しめるというお得感があって、私は好きなんですよね−。

業務スーパーのベーグルと冷蔵庫の残り物で作ったプレート

冷蔵庫に残っていたおかずの残りと、業務スーパーのベーグルを盛り合わせただけですけどね(笑)

皿の上のバター

クリームチーズやバターをつけて!と袋には記載されていましたが、クリームチーズはなかったのでバターを用意。

業務スーパーのベーグルを使ったランチプレート

ランチプレートのメニューは、次の通り。

  • 業務スーパーのプレーンベーグル
  • じゃがいもときゅうりとコーンのサラダ
  • かぶのピクルス
  • ミニトマト

数分で用意できました。

ふっくら焼き上がった業務スーパーのベーグル

ふっくら美味しそうな焼きたて熱々の業務スーパーのベーグル。

焼きたての業務スーパーのベーグル

そこにバターをのせて。

割った業務スーパーのベーグルにバターをのせたところ

バターは半分溶けて、半分冷たいくらいの最高の状態。

半分に割った業務スーパーのベーグルにのせた程よく溶けたバター

ああ!もう、この美味しさといったら!!

シンプルな生地だから、バターの美味しさがダイレクトに伝わってきます。

もうすっかり業務スーパーのプレーンベーグルの大ファンになってしまいました。

業務スーパーのプレーンベーグルで作るあんバター&バナナサンド

ほんとは業務スーパーのプレーンベーグルを使ってフレンチトーストを作ったり、たっぷりのクリームチーズにブルーベリージャムなんかを混ぜたものを挟んだりするのが最高だよね〜なんて思っていた私。

当初の予定では、スイーツ系のメニューをいくつか紹介するつもりでした。

だけど、シンプルにそのまま食べるベーグルが美味し過ぎて、もうあと残り1個しかない!!

ということで……

半分に割った業務スーパーのベーグルにあんバターと輪切りバナナをのせたところ

あんバター&バナナサンド作りました。

あんバターとバナナをのせた業務スーパーのベーグルのアップ

基本、ベーグルは白いご飯に合うものは何でも合うと思うので、あんことの相性もばっちり!

おはぎに負けない美味しさでした。

ぷち大福を挟んでみるのも◎。

そこにイチゴを加えると、イチゴ大福テイストに!

業務スーパーのぷち大福は食べ出したら止まらないやみつきスイーツ!
業務スーパーのぷち大福は1個食べたら止まらないと噂されるやみつきスイーツで、ひとくちサイズの大福が1袋に40個以上入って税抜き248円と手頃な値段。TVやSNSで話題の業務スーパーのプチ大福のカロリーや原材料、美味しい食べ方アレンジを紹介。
業務スーパーの冷凍いちごは低価格でちゃんと美味しい!
業務スーパーの冷凍いちごの価格やカロリー、原産国情報と冷凍イチゴレシピ。今回紹介するジャムより短時間でできる苺ソース、いちごとバナナのスムージー、ストロベリーコブラーはどれも簡単に作れるスイーツなので気軽に試してみてください。

業務スーパーのベーグルは我が家の常備品に決定!

以上、業務スーパーのベーグルについて紹介しました。

これはもう冷凍庫に常備決定!

もうベーカリーを使って、家でパン焼かなくてもいいかも……

業務スーパー大好き主婦をフォローする
業務スーパーおすすめNAVIブログ