当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格など掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーこだわり生フランクの美味しい食べ方・レシピ【ハーブ入り】

業務スーパーこだわり生フランク 商品・レシピ

業務スーパーで販売されている「こだわり生フランク」はそのネーミングからしておいしさを連想させますが、実際どんな特徴があるのか調べてみました!こだわり生フランクのコスパやおいしい食べ方を紹介します!これを知ったら買いたくなること間違いなし!

スポンサーリンク

業務スーパーのこだわり生フランクは大容量で高コスパ!

10本入って698円(税別)という価格は、安いか高いかで言うと高いかもしれません。
でも、中身を知れば安く感じるこだわり生フランク。

業務スーパーと言えば大容量の食品が特徴的ですが、このこだわり生フランクを食べたことがある人はその容量の多さから、そう多くはないはず。

業務スーパーのこだわり生フランク

こだわり生フランクの外装はA4用紙よりも大きく、お肉が詰まっているということもあってズッシリとしています!
店内の冷凍食品の加工肉コーナーで販売されていますよ!

実はこれ、1kgも入っているのです。

業務スーパーのこだわり生フランクはずっしり1kg

そんなに食べられない!という人が多いからか、好んで購入する人以外はあまり人気がないように感じますが…こだわり生フランクの中身を知るとリピ買い決定です!

よく見ると「プリップリでジューシー!生ならではの食感!さわやかなハーブの香り!」とサブタイトルがつけられていますね…!

業務スーパーこだわり生フランクの読みにくいパッケージ

うん、読めないですね。。

こちらをどうぞ

中身を取り出して読みやすくなった業務スーパーこだわり生フランクのパッケージ

なんだかただのフランクフルトではない予感がするのは私だけではないはず。

商品名の下に大きめにハーブ入りと書いてあります。ハーブが苦手な人は本当に苦手なので配慮してくれている感じがしますね。

こだわり生フランクというネーミングが自信を伺わせる一品

ここでちょっとネーミングに注意を向けてみましょう!

パッケージ裏に「天然ケーシング(豚腸)の生フランクです」の文字が。

業務スーパーこだわり生フランクのパッケージ裏の商品情報

この天然のケーシングを使ったフランクフルトは実はあまり販売されていません。ほとんどのケーシングは人工になるため、このこだわり生フランクがこだわっているのがよく伝わってきますね!

こだわり生フランクの基本情報(カロリー、脂質など)

こだわり生フランクに使用されている肉は豚肉と鶏肉です。

栄養成分表示(推定)100gあたり

エネルギー317kcal
炭水化物0.8g
たんぱく質12g
食塩相当量1.1g
脂質26.0g

100gということは1本あたりの栄養成分表示です。
思ったよりカロリーがあるのも当然、これ1本がすごく大きいんです!

こだわり生フランクを調理する上での注意点

こだわり生フランクを調理する上での注意点は、生フランクというだけあって生です。
裏面にも未加熱食品のため、中心までしっかりと加熱してくださいとの記載があります。

未加熱食品のため、中心までしっかり火を通してくださいの注意書き

召し上がり方と題して調理方法も記載されているので安心ですね。

業務スーパーこだわり生フランクのパッケージ裏に書いてある調理の仕方

5本で約15分ほどの加熱だそうです。

業務スーパーのこだわり生フランクを実際に調理してみた!美味しい食べ方は?

こだわり生フランクを実際に調理してみました!

封を切るとハーブの香りがします。

ハーブの香りが広がる、開封した業務スーパーこだわり生フランク

パッケージ外側から中が見えていましたが、実際開封してみるとハーブが入っているせいで色がやや悪く見えます。

ハーブが入ったこだわり生フランク

白っぽく、グレーっぽく見えるのですが大丈夫ですよ!

実は小さく、冷蔵庫で3時間ほどと解凍目安が記載されています。

業務スーパーこだわり生フランクの解凍時間

ですが今回は手軽に調理したいため冷凍したまま使用します。
(電子レンジでの解凍は設定時間を間違えると爆発するのでお気をつけて!)

もちろん冷蔵庫で解凍したほうがおいしいですが、あと一品!と急いでいるときは冷凍のままお鍋に放りこんでOK!

袋から出すと全部つながっているのでハサミで切って使いましょう。

つながっているこだわり生フランクをはさみで切る

オーソドックスに茹でる

オーソドックスに茹でてみましたが、冷凍のものをお鍋に入れると温度が下がってしまいました。

凍ったこだわり生フランクを鍋に入れたら、お湯の温度が下がった

再び沸騰した際にはアクと脂が出ます。

アクとジューシーな脂が出てきたこだわり生フランク

サブタイトルにあったジューシーとはこのことでしょうか。

茹でると色味がきれいに出るのと同時になんだか大きくなった気がします

こだわり生フランクは茹でるだけでなく焼くと食感が変わってまたおいしい

もちろん茹でて食べてもおいしいのですが、今回は食感を出すために茹でたあとに軽く焼いてみました!

卵焼き器でこだわり生フランク3本を焼く

普通の卵焼き器ですよ!
こだわり生フランク、ボリューミーでしょう!?

焼きあがったらお皿に盛り付けます。
ケチャップとマスタードを添えていざ。

美味しく燒き上がった業務スーパーのこだわり生フランク

これはおいしい!!

さすが生フランク、さすが天然ケーシング。
包丁で切り目を入れていても、かじった時のパリッという食感はすごいです!

食感と同時にハーブの風味とジューシーな肉汁があふれて、食べ応え抜群です。
1つがこんなに大きいので、おつまみにもおかずにもなります。

こだわり生フランクのパッケージ裏面に記載されている「野菜たっぷりポトフ」作ってみました

フランクフルトの食べ方は茹でたり焼いたりが定番ですが、裏面に記載のある野菜たっぷりポトフにも挑戦してみました!

業務スーパーこだわり生フランクのパッケージ裏にある野菜たっぷりポトフの作り方

材料4人分

  • こだわり生フランク4本
  • キャベツ1/4個(くし形)
  • 玉ねぎ中1個(くし形)
  • 人参中1本(乱切り)
  • じゃがいも中2個(乱切り)
  • 水1.5L
  • 洋風だしのもと大さじ2

野菜たっぷりポトフの材料

作り方は簡単!

水、洋風だしのもとを入れた鍋に野菜を入れて火にかけ、沸騰したら凍ったままのこだわり生フランクを入れて煮込むだけです!

水、洋風だしのもとを入れた鍋に野菜を入れて火にかける

沸騰したら凍ったままのこだわり生フランクを入れる

凍ったまま調理できるのは嬉しいですね!煮込むと旨味が溶け出していいダシになりそうです!

業務スーパーのこだわり生フランクで作った野菜たっぷりポトフのできあがり~

煮込むだけなので簡単に作ることができましたよ!
子供用のものにはケチャップを入れてみました。

業務スーパーこだわり生フランクで作った野菜たっぷりポトフの子供用ケチャップ味

ケチャップ味も美味しいですよ

でもやっぱりハーブの香りがするので、小さいお子さんは苦手かもしれません。

業務スーパーのこだわり生フランクの保存方法

こだわり生フランクは1つの袋に10個と大容量です。
購入時は冷凍・真空パックされているため開封後に再度冷凍庫に入れると霜がつく心配があるので、保存する場合はジッパー付きポリ袋に移し替えることをおすすめします。

保存袋に入れた余ったこだわり生フランク

冷凍食品というところが、保存がきいてうれしいですね!

賞味期限も半年くらいあるので冷凍庫スペースさえ確保できたら問題なしです

こだわり生フランクのアレンジ方法はたくさんある!

こだわり生フランクというだけあって茹でて食べるのが本当においしかったです!
でもたくさん入っているので茹でたあと刻んでチャーハンに入れたり、輪切りにしてミニアメリカンドッグ風に揚げてもおいしそうですよ!

こだわり生フランク自体に味がしみ込んでいるので特別味付けの必要もなく感じました。
一度使ったらリピしたくなるこだわり生フランクをぜひお試しください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
業務スーパー大好き主婦をフォローする
業務スーパーおすすめNAVIブログ