当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーのチャーシューはネット入り!基本の煮豚とアレンジレシピ

業務スーパーのチャーシューはネット入り!基本の煮豚とアレンジレシピ冷凍肉

業務スーパーのチャーシュー用ネット入り豚肉はその名の通り、ネット入りになった豚肉です。すでにネットに入っていますので、解凍するだけですぐに調理できます。形が崩れることもなく、綺麗に焼き豚や煮豚を作ることができますよ。今回はチャーシューの主な商品情報と煮豚の作り方をご紹介します。

見たいところから見てくださいね

最初から見る

チャーシューの価格から見る

アレンジレシピから見る

業務スーパーのチャーシューは解凍後すぐに調理が可能!

今回ご紹介するのは、業務スーパーの冷凍コーナーで売られている、チャーシュー用ネット入り豚肉です。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉

業務スーパーにはすでに加工された煮豚も売っており、それも手軽で美味しいのですが、やはり家で作った煮豚は格別♪

チャーシューや煮豚を作る際には、綺麗に形を作るためにタコ糸で縛ったり、ネットに入れたりしますよね。しかし、これが結構面倒くさい!

なので、「そのままでいいや~」と作ると、やはり形がいまいちなものが出来上がります。家族で食べる時にはいいですが、おもてなしの際に出す場合なんかは綺麗な形のチャーシュー出したいですよね。

その点、業務スーパーのチャーシュー用豚肉はすでにネットで包んでありますので、解凍をすればすぐに調理が可能です。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉パッケージにある商品名

チャーシューと煮豚の違いは?
日本では煮豚を「チャーシュー」と呼んでいる場合が多いため、「煮豚」と「チャーシュー」は同じものと思っている方もいるかもしれません。
でも、この2つは本来、別物です。たれに漬けてから焼くのが「チャーシュー」、たれに漬けてから煮るのが「煮豚」。なので、チャーシューは「焼豚」とも言われるんです。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉の主な商品情報

業務スーパーで売られているチャーシュー用豚肉の主な商品情報をチェックしていきましょう。主な商品情報は、パッケージ裏面に記載されています。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉パッケージ裏面

内容量・値段

業務スーパーで購入したチャーシュー用ネット入り豚肉は、2本(900g)入りで値段は税抜865円です。

100gあたり約96円ですね。こちらの商品に使われている豚肉は国産ではないので、96円というと「安い!」とはなりませんが、比較的買いやすい値段ではありますね。

解凍すればすぐにチャーシューを作れる!ということを考えると、妥当な値段設定かと思います。

原材料・原産国

業務スーパーで売られているチャーシュー用豚肉の原材料は、豚肉のみです。

また、原産国はデンマークで、豚肉の加工は兵庫県明石市にある源気山畜産株式会社が行っています。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉パッケージ裏にある商品詳細表示

賞味期限

今回業務スーパーで購入したチャーシュー用豚肉の賞味期限は、2020年4月9日までです。購入したのが2019年11月ですので、5ヶ月ほどもちますね。冷凍品としては意外と短い印象を受けました。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉パッケージにある賞味期限表示

チャーシュー用豚肉を取り出してみました!

業務スーパーのチャーシュー用豚肉の主な商品情報が分かったところで、パッケージから豚肉を取り出してみましょう。

カチカチに冷凍された豚肉の塊が2つ出てきました。

パッケージから出した冷凍状態のチャーシュー用豚肉

外袋の中に、さらに真空パック状態で入っていますね。空気に触れる部分が少ないのは、鮮度を保つ上でも嬉しい点です☆

真空パック状態の業務スーパーのチャーシュー用豚肉

冷凍状態では調理ができませんので、調理前に解凍しておきましょう。かたまり肉ですので、1日ほどかけて冷蔵庫でゆっくりと解凍するのがおすすめですよ。

チャーシュー用豚肉の解凍後はどんな感じ?

1日経って、解凍されたチャーシュー用豚肉がこちら!

解凍した業務スーパーのチャーシュー用豚肉

ゆっくり解凍したせいか、ドリップ(解凍時に出る赤い汁)はそれほど出ませんでした。

手に持った業務スーパーのチャーシュー用豚肉

重さは…460gと440gで、合計ぴったり900g!素晴らしい!

460gの業務スーパーのチャーシュー用豚肉

440gの業務スーパーのチャーシュー用豚肉

業務スーパーのチャーシュー用豚肉を使った美味しいアレンジレシピ

業務スーパーのチャーシュー用豚肉はすでにネットに入っていますので、解凍後はお好みの調理方法で、簡単にチャーシューや煮豚を作ることができます。

パッケージ裏面には、煮豚の調理レシピが記載されています。

業務スーパーのチャーシュー用豚肉パッケージ裏にある調理例表記

今回は煮豚と紅茶茹で豚のレシピをご紹介させていただきますね!

業務スーパーのチャーシュー用豚肉を作る『お手軽煮豚』

我が家では、煮豚を圧力鍋で作ることが多いです。圧力鍋で作ると短い時間で出来上がりますが、普通の鍋で30~40分下茹でをしても大丈夫♪

お手軽煮豚の材料

  • チャーシュー用ネット入り豚肉…1本
  • 白ネギの青い部分…2本分(なくても可)
  • 卵…3個(なくても可)

★たれの材料

  • しょうゆ…100cc
  • みりん…90cc
  • 砂糖…50g
  • お酒…50cc
  • 水…250cc

※今回は、パッケージに記載されているたれの材料を半量(お酒の分量だけはそのまま)にして作りました。

煮豚の材料

お手軽煮豚の作り方

1.圧力鍋にチャーシュー用豚肉とネギ、水400ccを入れて、火にかけます。

圧力鍋に入れた業務スーパーのチャーシュー用豚肉・ネギ・水

2.次は、半熟卵を作ります。沸騰したお湯に卵を入れて7分ほど茹でたら、水にとって冷ましておきます。

沸騰したお湯に入れた卵3個

3.チャーシュー用豚肉のほうは、圧力鍋のおもりが振れ出したら火を弱め、10分加熱して火を止めます。(お使いの圧力鍋に合わせてください)

圧力鍋の中の加熱されたチャーシュー用豚肉とネギ

4.たれの材料を全部鍋に入れ、そこに茹で上がった豚肉を加えて火にかけます。

たれに入れた茹であがった業務スーパーのチャーシュー用豚肉

5.20分ほど煮込んだものが、こちら。

20分煮込んだ業務スーパーのチャーシュー用豚肉

このまま食べても良いのですが、1日置くと味がさらに染み込んで美味しくなります♪

6.チャーシュー用豚肉と殻をむいた茹で卵をたれと一緒に、チャック付き保存袋に入れます。

保存袋に入れた業務スーパーのチャーシュー用豚肉・ゆで卵・たれ

7.できるだけしっかり空気を抜いて、全体的に漬け込んでください。

保存袋のなかでたれに漬け込んでいる業務スーパーのチャーシュー用豚肉・ゆで卵

たれに漬け込んで、1日経ったものがこちらです。

たれに漬けて1日経った業務スーパーのチャーシュー用豚肉

ネットをはずしてみると、いい感じに色がついているのが分かりますね!

たれに漬けた後でネットを外した業務スーパーのチャーシュー用豚肉

切ってみると、このような感じ!ネットのおかげで、綺麗な形を保っていますね☆

たれに漬けた後の業務スーパーのチャーシュー用豚肉の断面

8.お皿に盛り付けて、たれをかければ出来上がり。

お皿に盛りつけた業務スーパーのチャーシュー用豚肉を使った煮豚

たれはそのままですと、サラサラなので、私は水溶き片栗粉で少しトロミをつけています。

さっそく、業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作った煮豚を食べてみましょう!お肉がとてもやわらかくて美味しい!

デンマーク産のお肉は普段あまり食べることがないので、どうなのかと思っていましたが、臭みなども無くて美味しいです☆

一緒に漬け込んだ煮卵も、良い色に出来上がっていますね~。このトロトロの卵の感じ…大好き♪

煮卵と業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作った煮豚

うん!これはおもてなし料理としても、喜ばれそうですね!

出来上がった煮豚は、動画でもご覧いただけます。

業務スーパーのチャーシューはネットに入ってて簡単調理ができる楽ちん豚肉

業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作った煮豚を丼に!

業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作った煮豚は、おつまみなどにも良いのですが、我が家のように肉食男子がいるご家庭の場合、チャーシュー丼にアレンジするのもおすすめです。

ご飯の上に煮豚をのせ、たれをかけるだけの簡単アレンジ!

業務スーパーのチャーシュー用豚肉を使った丼

いつも息子は、すごい勢いで食べます…☆「お代わり!」に備えて、チャーシューは薄めに切っておくのがいいですよ(笑

業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作った丼の完成品

業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作る『紅茶煮豚』

次にご紹介するのは、私の母がよく作っていた紅茶煮豚です。普通の煮豚よりもさっぱりとしていますので、女性におすすめ。

一緒に加える玉ねぎがまた美味しいので、玉ねぎはたっぷりと使って下さいね。

 

紅茶豚の材料

  • チャーシュー用ネット入り豚肉…1本
  • 玉ねぎ…1個
  • 紅茶…2パック

★たれの材料

  • しょうゆ・お酒・みりん…各大さじ2
  • 酢…大さじ1
  • しょうが…小さじ1

紅茶煮豚の材料

紅茶煮豚に使う紅茶やたれの材料なども業務スーパー品でOK!

業務スーパーのセイロン紅茶は安くて高品質なおすすめ商品
業務スーパーセイロン紅茶ティーバッグ100P入り395円の商品情報と保存方法、アレンジレシピの紹介。業務スーパーの紅茶にはアールグレイやダージリンもありますがセイロンティーはスリランカ紅茶局ティーボード認定で品質も良くかなりおすすめです。
業務スーパーの料理酒でいつもの味がランクアップ♪美味しい料理レシピ
業務スーパーで購入した料理酒は、1Lの大容量で低価格の便利品です。主な商品情報や美味しいレシピなどを紹介。調味料としてだけではなく、魚の塩抜きやお肉をやわらかくするための下準備にも、料理酒はとても重宝します。
業務スーパーのみりんは低価格でコスパ最高【お手軽絶品レシピ】
業務スーパーで購入したみりんの値段や原材料といった主な商品情報、美味しいレシピなどを紹介。みりんを使うと、照りまろやかな甘みを料理にプラスできます。砂糖の代わりにもなるので普段の食事メニューからスイーツまで、様々な料理に使えて便利です。
業務スーパーで買ったりんご酢は大容量!ドリンク・料理の簡単アレンジ
業務スーパーで購入したりんご酢は1.8リットルのビッグサイズです。主な商品情報や美味しい飲み方、料理への使い方などを紹介。大容量でも炭酸水や牛乳で割って飲んだり、料理に使ったりしながら美味しく使い切ることができます。
業務スーパーで購入したおろししょうがはチューブ入り・おすすめアレンジ
業務スーパーで購入したおろししょうがはチューブタイプで、使い勝手の良い商品です。値段や内容量といった主な商品情報、アレンジレシピなどを紹介。簡単生姜の風味をプラスできるので、普段の料理にもどんどん使っていきましょう。

紅茶煮豚の作り方

1.チャーシュー用豚肉がかぶるくらいのお湯に、豚肉と紅茶のティーパックを入れます。

お湯に入れた紅茶ティーバッグと業務スーパーのチャーシュー用豚肉

2.アクを取りながら、30~40分ほど煮ます。

紅茶煮豚のアクを取る様子

3.小鍋にたれの材料を入れて火にかけ、アルコール分を飛ばします。

小鍋に入れたタレの材料

4.玉ねぎは薄切りにし、チャック付き保存袋に入れておきます。

チャック付き袋に入れた薄切り玉ねぎ

さて、豚肉はどんな感じになっているでしょうか。紅茶の良い色がつきました!

紅茶の色がついている業務スーパーのチャーシュー用豚肉

紅茶を入れることで、お肉がやわらかくなります。

5.豚肉に竹串を刺してみて、透明な汁が出れば中まで火が通っています。

出来た紅茶煮豚に竹串を刺す様子

6.玉ねぎを入れていた袋に、たれと豚肉を加えます。

玉ねぎが入った袋に加えた紅茶煮豚とたれ

7.豚肉の粗熱が取れてから全体がたれに浸かるように空気を抜き、袋の口を留めます。

玉ねぎ・紅茶煮豚・タレを入れて口を留めた袋

この状態で冷蔵庫に入れて、1日寝かし、1日経ったものがこちら。

たれに漬け込んで1日経った紅茶煮豚

半分に切ってみると、このような状態です。

完成した紅茶煮豚の断面

8.お皿に盛りつけたら、出来上がり。

お皿に盛りつけた業務スーパーのチャーシュー用豚肉で作った紅茶煮豚

紅茶煮豚もやわらかく、美味しく仕上がりました☆たっぷりの玉ねぎと一緒にどうぞ!こってりと甘めの煮豚に比べると、こちらはお酢や玉ねぎが入っていますので、さっぱりと食べられます。

玉ねぎを挟んだ紅茶煮豚

日本酒や焼酎のおつまみにも合いますよ♪

業務スーパーのチャーシュー用豚肉なら綺麗な煮豚が作れる!

業務スーパーのチャーシュー用豚肉はすでにネットに入っているため、綺麗な形の煮豚を作ることができます。肉質も良く、臭みなどもありませんので、安心して使っていただけるのではないでしょうか。

チャーシューや煮豚などは、寝かせる時間などがかかりますが、調理自体はとても簡単。日持ちもしますので、まとめて作っておくと色々な料理に使えて便利です。

切れ端は炒飯に入れると、とても美味しいチャーハンができますし、ラーメンやご飯との相性も抜群!

皆さんもぜひ一度チャーシュー用豚肉で、煮豚を作ってみてくださいね!

業務スーパーには今回紹介したチャーシュー用豚肉のほか、人気のお肉商品が色々ありますよ☆

業務スーパーのお肉まとめ・高コスパで美味しく使いやすい24品
業務スーパーのお肉まとめ。コスパがよくて、美味しく使いやすい商品を紹介しています。いろいろなお肉商品があるので、毎日の献立やお弁当メニューを考える際に、是非参考にしてくださいね。
業務スーパー大好き主婦をフォローする
業務スーパーおすすめNAVIブログ
タイトルとURLをコピーしました