当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーのアジアンビーフンは歯ごたえがあって美味しい♪腹持ちも◎!

業務スーパーのアジアンビーフン

業務スーパーのアジアンビーフンは、熱湯で戻して具材と炒めるだけで、本格的なビーフンが作れる商品です。ビーフン以外にもスープやサラダなどに使えるので、アレンジしやすいところも魅力ですよ♪大容量でコスパも良いので、店頭で見つけたらぜひチェックしてくださいね。

見たいところから見てくださいね

最初から見る

アジアンビーフンの価格から見る

アジアンビーフンのカロリーから見る

味見のとこから見る

アレンジレシピから見る

保存の仕方を見る

業務スーパーのアジアンビーフンで本格的なビーフンがお家で楽しめる♪

ビーフンは紀元前220年の中国が発祥の食材で、日本では第二次世界大戦後から食べられている、歴史の長い食材だそうです♪日本では、特に九州地方でよく食べられていますよね。そんなビーフンが、業務スーパーでも売られているのはご存知でしょうか。業務スーパーの「アジアンビーフン」は、大容量なのに低価格で買えるコスパの良い商品です。熱湯で戻して炒めるだけで、簡単に美味しいビーフンが作れる便利な商品なんですよ♪

今回は、そんなアジアンビーフンの商品情報や食べた感想、アレンジレシピなどを幅広くご紹介します!

業務スーパーの「アジアンビーフン」

業務スーパーの公式サイトでは、アジアンビーフンについて「もちもち食感とつるつるの喉越しが特徴の、米粉を原料とした丸い細麺タイプのビーフン」と紹介されていました。一部地域のみの販売で、私は茨城県で購入しました。

その他にも、「タイビーフン(センレッグ)」という商品も売られていますよ♪

業務スーパーのアジアンビーフン

業務スーパーのアジアンビーフンパッケージのアップ

容量・価格

業務スーパーのアジアンビーフンの容量は500gで、お値段は税抜260円です。通販では、400g入りのビーフンが約700円で売られているので、業務スーパーのほうがお買い得ですね♪ちなみに、業務スーパーの「タイビーフン(センレッグ)」は400gの容量で税抜178円です。どちらも200円くらいで買えるので、とてもコスパが良いですね♪

業務スーパーのアジアンビーフンのパッケージに記載されている内容量500g表記

原材料・原産国

業務スーパーのアジアンビーフンの原材料は、米とでん粉、酸化防止剤ととてもシンプルです。原産国はマレーシア、輸入者は業務スーパーを運営している株式会社神戸物産です。

業務スーパーのアジアンビーフンのパッケージに記載されている原材料と原産国

カロリー・その他の栄養成分

100gあたりのカロリーは336kcalなので、春雨のカロリーと同じくらいです。その他の栄養成分は、以下の通りです。

エネルギー336kcal
たんぱく質6.0g
脂質0g
炭水化物78.0g
食塩相当量0g

業務スーパーのアジアンビーフンのパッケージに記載されている栄養成分表

賞味期限

賞味期限は2024年10月です。購入日は2023年3月なので、1年7か月ほど保存することができます。

業務スーパーのアジアンビーフンのパッケージに記載されている賞味期限

業務スーパーのアジアンビーフンの基本レシピ

パッケージから出してみると、塊になったビーフンが出てきました!使いにくそうだなと思いましたが、横から見るとビーフンが折れ曲がっていて、塊から取り外しやすくなっています。

袋から出してバットにのせた業務スーパーのアジアンビーフン

袋から出してバットにのせた業務スーパーのアジアンビーフンを縦方向に見た様子

パッケージによると、炒め物はたっぷりの熱湯で4分半~5分、サラダにする時はたっぷりの熱湯で長めに6分~7分くらい戻してから使うそうです。業務スーパーのアジアンビーフンのパッケージ裏に記載されている召し上がり方今回は、焼きビーフンを作るために短めに戻してみました。

戻している途中の業務スーパーのアジアンビーフン

戻し終わってザルにあげた業務スーパーのアジアンビーフン

食べてみた感想は?

戻したビーフンがこちらです。乾燥した状態よりも透明感が出ました。お箸で持ち上げると、ビーフン同士が少しくっついていました。

戻して器に入れた業務スーパーのアジアンビーフン

熱湯で戻した業務スーパーのアジアンビーフンを箸で持ち上げる

そのままで食べてみると、歯ごたえがあってとても美味しいです♪春雨よりも固めの食感ですが、よく噛んで食べるので腹持ちも良い気がします。

今回は、こちらのビーフンを野菜と炒めて焼きビーフンにしました。

業務スーパーのアジアンビーフンをカットした人参、ピーマン、ソーセージと一緒に炒める

ビーフンと野菜との相性は抜群でした!ビーフン自体は無味なので、どんな具材にもよく合いそうです♪

完成した業務スーパーのアジアンビーフンを使った焼きビーフン

箸で持ち上げた焼きビーフン

業務スーパーのアジアンビーフンを使ったアレンジレシピ

業務スーパーのアジアンビーフンは、ビーフンとして食べるのはもちろんですが、具材や味付けを変えるだけで色々な料理にアレンジできるんですよ♪今回は、業務スーパーのアジアンビーフンを使って和風サラダとチャンプルー風の2品を作ってみました。業務スーパーのアジアンビーフンの使い道に困ったら、ぜひ試してみてくださいね。

ビーフンの和風サラダ

業務スーパーのアジアンビーフンで作った和風サラダ

始めにご紹介するのは、お鍋で簡単に作れるサラダのレシピです。

材料

  • ビーフン…50g
  • 人参…1/2本
  • きゅうり…1/2本
  • 砂糖…小さじ1
  • 和風だしの素・酢…各大さじ1
  • ごま油…適量
  • 白いりごま…適量

作り方

①にんじんときゅうりは細切りにします。

細切りにした人参ときゅうり

②鍋ににんじんと被るくらいの水、砂糖・和風だしの素・酢を入れて煮込みます。

鍋に人参と水、砂糖、和風だしの素、酢を入れて煮る

③人参がやわらかくなってきたら、ビーフンを入れて3分くらい煮込んで戻します。

人参がやわらかくなったところに業務スーパーのアジアンビーフンを入れる

④ビーフンが柔らかくなったら水分を飛ばして、きゅうりとごま油、白いりごまを入れてよく和えて、塩コショウで味を整えたら完成です♪

やわらかくなったビーフンにきゅうりとごま油、炒りごまを加える

今回は少し煮込み過ぎて、ビーフンが切れてしまいました。煮込み過ぎないように気を付けてくださいね。

完成した業務スーパーのアジアンビーフンで作った和風サラダ

食べてみると、ツルツルで歯ごたえのあるビーフンが野菜によく合います!

箸で持ち上げた業務スーパーのアジアンビーフンで作った和風サラダ

春雨サラダよりも食べ応えがあるので、食後のデザートをつい我慢できない人にオススメ♪

ビーフンのチャンプルー風

業務スーパーのアジアンビーフンで作るビーフンのチャンプルー風

お次にご紹介するのは、戻したビーフンを卵と一緒に炒めたチャンプルー風のレシピです。

材料

  • ねぎ…1/2本
  • ソーセージ…1本
  • ビーフン…60g
  • 卵…1個
  • マヨネーズ…小さじ1
  • 鶏がらスープの素…大さじ1
  • オイスターソース…小さじ1
  • ごま油…適量

作り方

①ねぎとソーセージは薄切りにして、ビーフンは4分ほど熱湯につけて戻して水気を切り、少量の油をまぶしておきます。

薄切りにしたねぎとソーセージ

熱湯で戻して少量のごま油をかけた業務スーパーのアジアンビーフン

②フライパンにごま油を熱して、ねぎとソーセージを炒めます。

ねぎとソーセージをごま油で炒める

③フライパンの空いているところに油を少し垂らして、マヨネーズを入れた溶き卵を流し入れて炒り卵を作ります。

フライパンの空きスペースで炒り卵を作る

④戻したビーフンを投入し、鶏がらスープの素とオイスターソースで味付けして完成です♪

炒めたねぎ、ソーセージ、卵に戻したビーフンを加えて鶏がらスープの素とオイスターソースで味付けする

⑤仕上げに黒コショウを振りました。

完成した業務スーパーのアジアンビーフンで作ったビーフンのチャンプルー風

食べてみると、柔らかい卵やねぎと歯ごたえのあるビーフンがよく合い、とても美味しいです♪

フォークですくった業務スーパーのアジアンビーフンで作ったビーフンのチャンプルー風

冷めるとビーフンがくっついてしまうので、レンジで温めて食べてくださいね。

業務スーパーのアジアンビーフンは炒め物やスープ、サラダなど使い道色々♪

業務スーパーのアジアンビーフンは、熱湯につけて戻すだけで手軽に使える便利な商品です。硬めに戻せば炒め物やスープに使えますし、柔らかめに戻せばサラダも作れて、色々な料理にアレンジできますよ♪

タイトルとURLをコピーしました