当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で忙しくても美味しい煮物がすぐ作れる!

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」佃煮・乾物

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」は、切り干し大根とにんじん、干ししいたけ
の3種類の具材が入った商品です。水に戻してから調味料を加えて、煮込むだけで簡単に美味しい煮物が作れますよ♪

見たいところから見てくださいね

最初から見る

「煮物の具千切り大根」の価格から見る

「煮物の具千切り大根」のカロリーから見る

味見のとこから見る

アレンジレシピから見る

保存の仕方を見る

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で手軽に美味しい煮物が作れる♪

業務スーパーの新商品である「煮物の具千切り大根」をご存知でしょうか。業務スーパーの「煮物の具千切り大根」は、切り干し大根、乾燥にんじん、干ししいたけの3種類の具材が入っている商品です。既に食べやすい大きさに切ってあるので、包丁やまな板を使わなくても手軽に美味しい煮物が作れますよ♪

今回は、そんな業務スーパーの「煮物の具千切り大根」をご紹介します。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」

業務スーパーの煮物の具には、主に3種類が発売されています。切り干し大根・にんじん・干ししいたけの3種類の具材が入ったもののほか、切り干し大根や茎わかめ、ひじきなど5種類の具材が入った「煮物の具千切り大根」、ひじき・茎わかめ・きくらげなど4種類の具材を使った「煮物の具ひじき」があります。

今回は、そのなかでも3種類の具材が入った「煮物の具千切り大根」を購入してみました。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」

容量・価格

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」の容量は80gで、価格は税抜155円です。通販でも同じような商品が売られていましたが、お値段は同じくらいの容量で600円ほどでした。比較すると、業務スーパーの煮物の具がとてもお買い得だということが分かりますね♪

ちなみに、業務スーパーの「煮物の具千切り大根」は同じ容量で159円、「煮物の具ひじき」は60gの容量で110円ほどのお値段です。どの種類もとてもお買い得なので、数種類買って常備しておいてもよいですね。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」のパッケージにあるにある商品の説明文・イラスト

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」内容量80gの表記

原材料・原産国

原材料は乾燥大根、乾燥にんじん、乾燥しいたけの3つと、とてもシンプルです。

原産国は中国、輸入者は業務スーパーを運営する株式会社神戸物産です。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」の原材料名と原産国名の表記

カロリー・その他の栄養成分

一袋80gあたりのカロリーは241kcalです。その他の栄養成分は、以下の通りです。

エネルギー241kcal
たんぱく質7.1g
脂質0.9g
炭水化物55.9g
食塩相当量0.5g

意外と炭水化物量が多いので、糖質制限中の人は食べ過ぎには注意してください。

賞味期限

賞味期限は2022年4月です。購入日は2021年10月なので、半年ほど保存することができます。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」の賞味期限表記

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」の基本レシピ

パッケージを開けて中身を出してみると、乾燥した3種類の野菜がたくさん出てきました。切り干し大根の割合が多く、干ししいたけの量は少なめのようです。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」のパッケージと中身

お皿に入れた業務スーパーの「煮物の具千切り大根」

パッケージに記載されている調理例によると、はじめに煮物の具を水に漬けて戻してから熱湯で3分茹で、水気を切って調味料を加えて煮込んで完成とのことです。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」のパッケージに記載されている調理例

水に漬けて茹でて水気を切り、鍋に戻すのが少し面倒だったので、今回はお鍋に水と煮物の具を入れ、戻ったところへ直接調味料を加えて煮込んでみました。

鍋で業務スーパーの「煮物の具千切り大根」を煮る

食べてみた感想は?

完成した煮物が、こちらです。パッケージ通りの作り方ではなく調味料もアレンジしましたが、美味しそうに完成しました。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作った煮物

食べてみると、切り干し大根とにんじんが甘く、しいたけは噛むと旨みが口いっぱいに広がります。

小皿に取り分けた業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作った煮物

箸で持ち上げた業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作った煮物

しっかり煮込むと硬い切り干し大根も軟らかくなり、子供でも食べやすいです。切り干し大根から甘い出汁が出るので、砂糖を使わなくてもほのかに甘い美味しい煮物が作れました。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」を使ったアレンジレシピ

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」を使ってパッケージ通りに煮物を作ってもよいのですが、他の料理にアレンジすることもできますよ♪今回は、業務スーパーの「煮物の具千切り大根」を使って春雨サラダとオムレツを作ってみました。

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」を煮物以外に使ってみたい人は、ぜひこちらのアレンジレシピをお試しくださいね♪

「煮物の具千切り大根」入り春雨サラダ

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作る春雨サラダ

始めにご紹介するのは、業務スーパーの「煮物の具千切り大根」と春雨を使った中華風のサラダのレシピです。

材料

  • 煮物の具千切り大根…25g
  • 春雨…30g
  • 乾燥わかめ…大さじ3
  • ★調味料
    鶏がらスープの素・ごま油…各小さじ2
    めんつゆ・オイスターソース…各小さじ1
    白いりごま…適量

作り方

①乾燥わかめは水につけて戻し、「煮物の具千切り大根」は鍋に入れて具材が浸るくらいの水を入れます。

わかめを水で戻し、業務スーパーの「煮物の具千切り大根」は鍋に入れて水を注ぐ

②「煮物の具千切り大根」がふやけてきたら弱火にかけて、やわらかくなるまで煮込みます。

③春雨を加えて煮込みます。

春雨を加えて煮込む

春雨が戻って水気が減ったところ

④春雨が戻って水気が少なくなったら、水気を切ったわかめを入れて、★の調味料で和えて完成です♪

春雨の水気が減ったところにわかめを入れる

お鍋ひとつで、簡単にサラダが完成しました。

完成した業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作った春雨サラダ

食べてみると、春雨に「煮物の具千切り大根」の出汁の旨味が良く染みて、とても美味しいです♪

小皿に取り分けた業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作った春雨サラダ

箸で持ち上げた業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作った春雨サラダ

春雨のツルツルとした口当たりに、シャキシャキとした「煮物の具千切り大根」の食感の違いも楽しめます。かつお節や七味唐辛子を加えて作るのもおすすめですよ♪

「煮物の具千切り大根」入りオムレツ

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作るオムレツお次にご紹介するのは、「煮物の具千切り大根」を使って洋風のオムレツにアレンジしたレシピです。

材料

  • 煮物の具千切り大根…30g
  • 玉ねぎ…1/2個
  • ハーフベーコン…2枚
  • 卵…2個
  • 牛乳…100ml
  • スライスチーズ…2枚

作り方

①玉ねぎは薄切りに、ベーコンは細切りにします。フライパンにサラダ油を入れて熱し、玉ねぎとベーコンを順に炒めます。

玉ねぎを薄切り・ベーコンを細切りにする

切った玉ねぎとベーコンをフライパンで炒める

②「煮物の具千切り大根」を加えて具材が浸るくらいの水を注ぎ、フライパンに蓋をして弱火で具材がやわらかくなって水分が少なくなるまで煮込みます。

「煮物の具千切り大根」と水を加えて煮込む

③水気が少なくなったら、卵と牛乳を混ぜた卵液を注ぎます。

水気が減った具材

具材が入ったフライパンに牛乳と卵を混ぜた卵液を加える

④ピザ用チーズを散らし、フライパンに蓋をして弱火で卵が固まるまで焼いて、完成です♪

焼けてきた生地の上にピザ用チーズを散らす

仕上げにドライパセリを振ってみました。

完成した業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作ったオムレツ

食べてみると、「煮物の具千切り大根」の煮汁と卵の味わいがよく合い、とても美味しいです♪

小皿に取り分けた業務スーパーの「煮物の具千切り大根」で作ったオムレツ

特に味付けはしていませんが、「煮物の具千切り大根」の出汁とチーズの塩気だけで十分美味しくなりました。長い切り干し大根が入っているため切り分けると崩れやすくなっているので、注意してくださいね。ケチャップやマスタードなどをつけても美味しいですよ♪

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」は洋食や中華にもアレンジ可能!

業務スーパーの「煮物の具千切り大根」は、水で戻して調味料を入れて煮込むだけで簡単に美味しい煮物が作れる、便利な商品です。もう一品おかずを付け合わせにしたい時にも、煮物の具を使えば包丁を使わず手軽に作れるので、とても重宝しますよ♪パッケージ通りに煮物を作るだけでなく、オムレツやサラダなどの洋食や中華風の料理にもアレンジできます。

この機会に、業務スーパーの「煮物の具千切り大根」を試してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました