当サイトは業務スーパーを運営する神戸物産とは一切関係がありません。価格変更や販売終了などありますので掲載情報は参考程度にご利用ください。

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)は冷凍庫に常備したい便利なアイテム♪

業務スーパーのフランスパン冷凍加工

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)は、デュラム小麦やオーツ麦、アマニの種などを生地に練り込んだフランス産のパンです。スライス済みで冷凍されているので、食べる時には使いたい分だけ解凍して使えてとっても便利なんですよ♪今回は、そんな業務スーパーフランスパン(雑穀・種実入り)をご紹介します。

見たいところから見てくださいね

最初から見る

フランスパンの価格から見る

フランスパンのカロリーから見る

味見のとこから見る

アレンジレシピから見る

保存の仕方を見る

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)がネットで話題!

フランスパンは、細長い形が特徴的なハード系のパンです。切れ込みを入れてサンドイッチにしたり、薄くスライスしてトーストにしたり、卵液に付けてフレンチトーストを作ったりと、食事系からデザート系まで色々なアレンジが楽しめます。

そんなフランスパンが、業務スーパーでも売られていることはご存知でしょうか。業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)は、その名の通りデュラム小麦やオーツ麦、アマニの種などを生地に練り込んで作られたフランスパンです。ネット上では、使い勝手が良いのに美味しいことで注目を集めているそうですよ♪

今回は、そんな業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)をご紹介します。

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)

業務スーパーでは、天然酵母パンやビール酵母パン、イギリス食パンなど色々な種類のパンが売られています。

業務スーパーへお買い物に行った時に、パン売り場ではなく冷凍食品売り場に陳列されていたフランスパンを見つけて、気になったので購入してみました。

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)

容量は450g・価格は税抜298円

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)の容量は450g(1本)で、お値段は税抜298円です。スーパーではフランスパン1本で200円前後で購入できるので、コスパの面では、業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)はスーパーに劣るようです。

ちなみに、業務スーパーの天然酵母パンは185円、ビール酵母パンは85円、イギリス食パンは185円です。どれもスーパーより安く買えるので、こちらもチェックしてみて下さいね。

業務スーパーのフランスパンの内容量450g表記

原材料・原産国

原材料は、小麦粉、大麦粉、オーツ麦粉、とうもろこし粉、パールミレット、デュラム小麦粉、ライ麦粉、亜麻の種子、ごま、食塩、イーストです。保存料が一切使われていないので、安心して食べられますね♪

原産国はフランス、輸入者は業務スーパーを運営する株式会社神戸物産です。

業務スーパーのフランスパンの原材料と原産国表記

カロリー・その他の栄養成分

100gあたりのカロリーは255kcalです。1本あたり450gなので、1本1147kcalほどということになりますね。

その他の栄養成分は、以下の通りです。

エネルギー255kcal
たんぱく質8.1g
脂質1.0g
炭水化物55.1g
食塩相当量0.9g

業務スーパーのフランスパンの栄養成分表示

賞味期限

賞味期限は、2022年12月23日です。購入日は2022年5月なので、およそ7か月ほど冷凍保存することができます。

業務スーパーのフランスパンの賞味期限表記

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)の基本レシピ

パッケージによると、予熱したオーブンで凍ったまま5分程度加熱するそうです。事前に解凍する手間が要らないので、とても便利ですね♪

業務スーパーのフランスパンのパッケージ裏に記載されている召し上がり方

我が家にはトースターがないので、魚焼きグリルを中火で少し予熱して、アルミホイルを敷いた上にフランスパンを並べて3分くらい加熱してみました。

冷凍のままの業務スーパーのフランスパン

業務スーパーのフランスパンを食べてみた感想は?

加熱したフランスパンが、こちらです。表面に、良い感じに焼き色がつきました。

業務スーパーのフランスパンをグリルで焼いてみた

食べてみると、外側はカリカリ、内側はもっちりとしていて、とても美味しいです♪

焼いた業務スーパーのフランスパンの断面

普通のフランスパンよりも柔らかめで、3歳の子供でもパクパク食べられました。アマニの種を噛んだ時のぷちっと弾ける食感も楽しいです。しっかり噛んで食べる必要があるので、1切れでもかなり満腹感がありました。

残りの2切れは、バターとりんごジャムを塗って食べてみました。

業務スーパーのフランスパンにバターとりんごジャムを塗ってみた

半分に割ったバターとりんごジャムを塗った業務スーパーのフランスパン

バターのほうはフランスパンの雑穀の風味が引き立ち、りんごジャムは素朴なフランスパンの風味によく合います。食事系・デザート系のどちらでも美味しく食べられそうなパンでした。

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)を使ったアレンジレシピ

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)は、そのままでも十分美味しく食べられますが、一手間加えてアレンジも楽しめますよ。今回は、業務スーパーのフランスパンを使ってめんたいフランス風とトマトのブルスケッタ乗せフランスパンを作ってみました。

業務スーパーのフランスパンをそのまま食べるのに飽きてしまったら、ぜひアレンジレシピをお試しくださいね。

めんたいフランス風

業務スーパーのフランスパンで作った明太フランス

始めにご紹介するのは、フランスパンに明太子のペーストを乗せて焼いためんたいフランス風のレシピです。

材料

  • フランスパン(雑穀・種実入り)…3~4切れ
  • 明太子…半腹
  • 玉ねぎ…1/4個
  • にんにくチューブ…小さじ1
  • バター…大さじ1

作り方

①フランスパンは、トースターまたはグリルで軽く焼いて解凍しておきます。

②玉ねぎはみじん切りにして、電子レンジで1分くらい加熱します。

みじん切りにした玉ねぎを電子レンジで加熱する

③器に玉ねぎ、皮を取った明太子、にんにくチューブ、バターを入れてよく混ぜます。

加熱したみじん切り玉ねぎににんにくとバター、皮をとった明太子を入れる

温めた玉ねぎと調味料を混ぜる

④解凍したフランスパンに明太子のペーストを乗せ、さらに2分くらい焼いて完成です。

解凍したフランスパンに明太子ペーストを乗せて焼く

仕上げに刻み海苔をトッピングしました。フランスパンを焼く時は、焦げないように気を付けてくださいね。

完成した業務スーパーのフランスパンで作った明太フランス

食べてみると、素朴な味わいのフランスパンに明太子の辛味と塩気がよく合い、とても美味しいです♪

小皿に取り分けた明太フランス

明太フランスンの断面

朝食や副菜だけでなく、お酒のおつまみにも合いそうなので、ぜひ作ってみてくださいね。

トマトのブルスケッタ乗せフランスパン

業務スーパーのフランスパンで作ったトマトのブルスケッタ乗せフランスパン

お次にご紹介するのは、フランスパンにトマトのブルスケッタを乗せたレシピです。

材料

  • トマト…小さめのもの1個
  • きゅうり…1/2個
  • ★調味料
    • オリーブオイル…大さじ1
    • ポン酢・にんにくチューブ…各小さじ1
    • 粉チーズ…少々

作り方

①フランスパンにオリーブオイルを塗り、グリルやトースターで加熱しておきます。

フランスパンにオリーブオイルを塗って加熱する

②トマトは角切りに、きゅうりは小さ目の角切りに切ります。

トマトときゅうりを角切りにする

③トマトときゅうりを入れた器に★の調味料を入れてよく混ぜ、ブルスケッタを作ります。

トマトときゅうりと調味料を混ぜてブルスケッタを作る

④焼き上がったフランスパンにトマトのブルスケッタを乗せて、完成です。

焼き上がったフランスパンにブルスケッタをのせる

きゅうりを入れたので、カラフルなおかずパンになりました。

完成したで作ったトマトのブルスケッタ乗せフランスパン

食べてみると、香ばしいフランスパンにみずみずしいトマトときゅうりがよく合い、とても美味しいです♪

小皿に取り分けたトマトのブルスケッタ乗せフランスパン

トマトのブルスケッタ乗せフランスパンの断面

フランスパンにオリーブオイルを塗っておくことで、ブルスケッタの汁気がパンに染みにくくなりますよ。オリーブオイルの代わりにバターを塗ると、違った味わいが楽しめます。

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)は使い勝手の良さが魅力!

業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)は、既にスライスされているのでカットの手間も要らず、トースターで加熱するだけで手軽に食べられる便利な商品です。そのまま食べると雑穀の香ばしさや種実の食感が楽しめますが、具材を乗せてアレンジして、おかず系のパンとして食べても美味しいですよ♪

ネット上でも話題の業務スーパーのフランスパン(雑穀・種実入り)を、ぜひお試しくださいね♪

業務スーパー大好き主婦をフォローする
業務スーパーおすすめNAVIブログ
タイトルとURLをコピーしました